ウニ完全陸上養殖で周年出荷可能へ、神恵内地区が報告

2019年2月5日

 北海道漁港漁場協会の会長である髙橋昌幸神恵内村長は、1日の漁港議連での意見表明の中で地元・神恵内村で、近隣のニセコ地区などではスキー客など冬場の外国人観光客(インバウンド)からウニの需要の増大に、2年前に冬場のウニ出荷を目指し、コンブやキャベツ、ハクサイを餌に与える取り組みについて説明。「将来的には完全陸上養殖なども考えていきたい」と語った。[....]