インド・タイ水産加工へのチャレンジ⑤/付加価値エビ

2017年9月14日

 南インドのツチコリンはエビ養殖と塩田が大きな産業で、日本のエビ業界では「KANNI(カニ)」や「SUN(サン)」ブランドのダイヤモンド・シーフーズ(DSF)の拠点として知られている。 ノースイ、東邦物産、三井物産が日系の配合飼料メーカー、ニッパイ・シャリマー・フィーズとともに飼料作りから取り組む「ハーブシュリンプ」の養殖、加工のパートナーがこのDSFグループだ。[....]