イワシ流し網漁安定せず、サケ・マス代替初の試験操業

2016年7月6日

 ロシア二百カイリ内サケ・マス流し網漁業の代替漁業として、小型船が道東沖で実施しているイワシ・サバの試験操業はいま一つ漁模様が安定せず、当初の操業計画で見込んだ数量の達成は困難な情勢だ。水揚げは5月半ばから始まったが6月に入っても1隻当たりの漁獲はマイワシ主体に1~2トンで推移している。[....]