イセエビ型「JFシェルナース」/大分県佐伯市

2016年1月5日

 大分県の佐伯市、水深9㍍の場所に平成25年11月、県が事業主体となって「シェルナース イセエビ型」を沈設した。このイセエビ型魚礁は、貝殻基質を斜めに配置してエビが好むすみかを創造。貝殻にはカキ殻を用いている。
 設置から2年6か月後になる昨年8月に、目視調査をするとともに貝殻基質のテストピースを引き上げ、生態系の調査を行った。ここでは一基当たり74~91個体のイセエビを確認[....]