イカ需給動向、減少に歯止めかからず

2016年3月14日

 JF全漁連がまとめたイカ類需給動向によると、平成27年は国産スルメイカの減産が響き供給量、需要量とも記録のある昭和59年以降の最低に沈んだ。記録更新は2年連続で、規模の縮小に歯止めがかからない。期末在庫は前年比2割減の6万5000トンに低下しており、今年もタイトな需給環境を強いられることになりそう[....]