イカ日本海中央部で大幅減、県水産総合センター調査

2019年7月17日

 石川県水産総合センターは12日、6月20~27日に調査船・白山丸が日本海中央部(能登半島沖-大和堆周辺海域)で行ったイカ釣り調査の結果を発表した。全調査点の平均CPUE(釣り機一台一時間当たりの漁獲尾数)は1・9尾と極めて低かった。前年(12・8尾)、過去5年平均(23・6尾)を大きく下回っており、同センターは「前年および過去5年平均を大幅に下回っていたと判断」。[....]