イオン常設「福島鮮魚便」鮮度は高評価も定着へ正念場

2018年12月6日

 JF福島漁連(野﨑哲会長)などが国・県などの補助を受けて東京、埼玉、宮城のイオン系列8店舗で展開する県産魚常設販売コーナー「福島鮮魚便」が、目的としている県外販売ルート再構築に向けて正念場を迎えている。底びき網漁の水揚げが商業ベースで継続が可能な水準に届いていない。[....]