アフリカ研修生が神奈川栽培漁業協会で持続可能漁業学ぶ

2019年9月12日

 国際協力機構横浜国際センター(JICA横浜)で「食料安全保障と貧困撲滅のための持続可能な小規模漁業コース」で学ぶ開発途上国の研修員8人が6日、三浦市三崎町城ヶ島の神奈川県栽培漁業協会を訪れ、県内の栽培漁業などについて今井利為専務の説明を聞き、質疑応答した。[....]