アジアの魚持続可能に、日本主導発信へ東京でシンポ

2018年11月5日

 「東京サステナブル・シーフード・シンポジウム」(主催・日経ESG、㈱シーフードレガシー)が1日、東京・内幸町で開催された。総括討論では、持続可能(サステイナブル)な水産物の利用に対する消費者の意識向上に向けた発信の強化や、サステイナブルと向き合う日本の長期戦略の必要性などが指摘される中で、司会の花岡和佳男シーフードレガシーCEOは「日本がアジアの海をサステイナブルにしていく機運が生まれるといい」と締めくくった。[....]