アカイカ好材料なくトビイカ検証、加工協組が漁況研修

2016年8月22日

 全国いか加工業協同組合は18日、都内で平成28年度「いか漁海況研修会」を開き。今後のイカ加工原料動向を探った。水研機構が日本近海のスルメは改めて厳しい見通しが示され、アカイカについても「流し網調査での漁獲量などから考慮して、今のところ冬漁の好材料がない状況」と説明した。[....]