みらい造船新工場が竣工、造船復興補助事業が完了

2019年9月6日

クリックで画像を大きく表示します

みらい造船の新工場

 国土交通省海事局は4日、水産庁記者クラブで会見し、造船業等復興支援事業費補助金の制度を活用した8件の事業が完了したことを報告した。東日本大震災の被災造船業者らを対象にした補助事業で、最終で最大のプロジェクトとなった、気仙沼市のみらい造船(補助額約70億円)新工場は、8日に完成式典を行う(式典出席は招待客登録者のみ)。

 同補助金は地盤沈下などで復興が困難な中小造船所事業者を支援する制度で、国交省が2013年度予算で創設した。新たな組織で機能を集約し、合理的かつ効率的に施設を共有するため、必要な施設の建設費や機器類の整備に対し最大3分の2を補助する。約160億円が基金に提供され、日本財団が「造船復興みらい基金」として実施した。[....]