[1067]みなみまぐろ保存委員会(CCSBT)第25回年次会合の結果について

2019年2月1日

 今回は10月15日から18日まで、ニューカレドニアのヌメアにおいて開催されました、みなみまぐろ保存委員会(CCSBT)第25回年次会合の結果についてお知らせします。

 今回の会議では、ミナミマグロの資源状態に応じて総漁獲可能量(TAC)を算出する管理方式の改定に向け、2035年までに初期資源量の30%まで回復、2040年までに初期資源量の35%まで回復するように調整する案を中心に開発を継続することとなりました。(2035年までに25%及び40%まで回復するモデルをサブセットとする。)

 また、平成31年(2019年)のTAC総量は一昨年に合意された平成30年(2018年)から平成32年(2020年)までのTAC(各年1万7647トン)について「科学委員会」による最新の分析結果に基づき議論された結果、これの維持が確認され、我が国の割当量(6165トン※)も維持されることとなりました。

 ※このうちインドネシアに21トン、南アフリカに27トンが委譲される。(平成30年〈2018年〉から平成32年〈2020〉の3年間限りの措置)。

       2018~2020(各年) 参考:2017年

 日本       6,165トン    4,737トン

 豪州       6,165トン    5,665トン

 韓国       1,240.5トン  1,140トン

 台湾       1,240.5トン  1,140トン

 ニュージーランド 1,088トン    1,000トン

 インドネシア   1,002トン      750トン

 南アフリカ    423トン        150トン

 EU       11トン          10トン

 フィリピン     -            45トン

 調査死亡枠    6トン           10トン

 TAC     17,647トン   14,647トン

 また、平成29年(2017年)漁期の各メンバーの保存管理措置の非順守はなかった事が確認されました。次回年次会合は、平成31年(2019年)10月にケープタウン(南アフリカ)で開催される予定です。

(水産庁国際課)