がんばる漁業者後押しを、JF漁青連が山口長官と懇談

2019年11月29日

 JF全国漁青連の小笠原悠葵副会長ら役員8人は28日、水産庁長官室で山口英影長官と懇談会を行った。30~40歳代を中心に構成する漁青連役員は、生産の中核的な担い手であり次世代のリーダーとして、漁業者個人としての思いや組織を代表しての課題などを報告。山口長官は一つひとつに答え、「水産政策の改革はがんばる漁業者を後押しするため」と、各課題に対する国の役割を述べた。[....]