「鯨フォーラム2016東京」太地町など自治体代表らが伝統文化継承を宣言

2016年6月6日

 日本捕鯨協会と捕鯨を守る全国自治体連絡協議会主催の「全国鯨フォーラム2016東京」が5月31日、東京で開かれ、全国から約300人が参加。捕鯨と関わり深い和歌山県太地町など7市町の首長らが意見を交わし、日本の捕鯨の伝統や鯨食文化を次世代に継承していくことを盛り込んだ「東京宣言」を採択した。[....]