正社員募集中

「養殖スマ」全国で初出荷、来年秋には完全養殖も

2016年1月18日

人工種苗から育成した養殖スマ

 和歌山県水産試験場と東京海洋大学、和歌山県串本町で養殖事業を行う㈱丸東などの研究グループが、人工種苗から育成した「養殖スマ」を15日に、全国で初めて出荷した。翌16日には東京の日本橋三越本店、大阪の阪急うめだ本店、和歌山の和歌山マリーナシティで販売した。
 マグロのトロに似た肉質で、美味でありながら天然魚の漁獲が少ないため、“幻の高級魚”と呼ばれているスマ。和歌山県では低迷するマダイ養殖に代わる新たな養殖魚として着目し、東京海洋大学と㈱丸東などと共同で、平成24年から研究に着手した。その結果、昨年11月、人工種苗から育成したスマが目標出荷サイズの約1・5キロに到達し、今回の初出荷となった[....]