「森・川・海 かがやく未来へ 水の旅」海づくり高知大会テーマ決定

2017年4月17日

大会キャラクターの「くろしおく」。海の男をイメージ、ペンダントはカツオ、背中に大会ロゴの入ったコスチューム

大会キャラクターの「くろしおく」。海の男をイメージ、ペンダントはカツオ、背中に大会ロゴの入ったコスチューム

 来年秋に高知県で開催する「第38回全国豊かな海づくり大会-高知県大会」のテーマがこのほど「森・川・海 かがやく未来へ 水の旅」と決定、大会キャラクター「くろしおくん」のコスチュームデザインなども決まった。
 公募した大会テーマには県内外から1345点が集まり、大阪府高槻市の池永一広さんの作品が最優秀賞に選ばれた。コスチュームデザインは732点の応募作品から、高知市の立川加奈さんの作品に決まった。海の男をイメージしたデザインで、ペンダントはカツオ、背中の模様は大会ロゴを採り入れている。
 高知県の海づくり大会は、来年秋に開催される。式典行事は高知市文化プラザかるぽーとを会場とし、海上歓迎・放流行事は土佐市の宇佐しおかぜ公園で行う。今年秋には1年前プレイベントを開催する。いずれのイベントも、このほど高知市内で開かれた大会の県実行委員会(委員長・尾﨑正直知事)第2回総会で承認された。[....]