正社員募集中

「松輪サバ」漁獲予測手法開発、神奈川県水技センター

2017年2月20日

 神奈川県水産技術センター(鵜飼俊行所長)企画資源部・海洋資源担当の武内啓明技師は15日、高級ブランド魚「松輪サバ」の好不漁について、東京湾-大島周辺の海洋環境を分析することで漁獲量を予測する手法が開発できたと発表した。センターが収集してきた東京湾~相模湾の水温・塩分データを活用して「松輪サバ」の漁獲量を予測、実際の漁獲量の変動をおおむね再現することができた。[....]