正社員募集中

「東北復興水産加工品商談会」開幕、118社が販路拡大へ活用

2016年6月8日

主催者、関係者によるテープカットで幕開けした

 東北復興水産加工品展示商談会2016」(主催・復興水産加工業販路回復促進センター)が7日、仙台市の「仙台国際センター・展示棟」で開幕した。東北の水産加工業者118社が販路拡大に向け、全国から集まった流通バイヤーらと商談を行っている。開催は8日まで。

 オープニングセレモニーで主催者の東北六県商工会議所連合会の鎌田宏会長(仙台商工会議所会頭)は「出展者はこのチャンスを最大限に活用し、販路回復・開拓に努めてほしい」と期待。来賓の伊東良孝農林水産副大臣は「各地域の水産加工業者が心を込めて作った加工品がより多くの商談につながることを期待する」、長島忠美復興副大臣は「よりよい販路が見つかり、水産加工業が今まで以上に繁栄することを願う」と、それぞれ商談会の成功を祈った。白須敏朗大日本水産会会長ら水産業界関係者が見守る中、流通バイヤーが続々と会場に入り込み、気になるブースを見て回った。[....]