正社員募集中

「捌ける男子がモテる」、都内で日本さばけるPJトーク

2016年9月6日

捌ける男子の魅力が語られたトークショー

 魚捌きを通じ、魚食だけでなく文化や環境保全など海への関心を高める活動を展開している「日本さばけるプロジェクト」が8月31日、都内の服部栄養専門学校でトークイベントを開いた。食や釣りを通じて海を楽しむ釣りガールの本間美咲さんら女性4人が、魚を捌く男性の姿が「いつもより魅力的に見える」などと告白。「捌ける男子はかっこいい」と話題をまとめた。

 女優いとうまい子さんは、普段は湯も沸かさない夫が、釣った魚を料理したエピソードを語り、「惚れちゃいますよね」と笑顔。大きな魚は力も必要で、手際よく処理する男性は「素敵に見える」そう。
 気象予報士の駒形陽子さんは、旬を知ったうえで「今、この魚を食べてもらいたい」と料理されると「キュンとくる」。釣りガールの本間さん、高橋佐知さんも「『オレやるよ』って調理してくれると、尊敬しちゃう」など、好印象のポイントだと話す。

 同プロジェクト実行委員長を務める同栄養専門学校の服部幸應校長は、「男性が調理する姿を取り上げたい」との依頼を受け、アイドルグループSMAPに料理指導をしてきたと明かした。同プロジェクトは 「捌けるパパ」「捌ける男子」を増やそうと、公式ホームページで魚の捌き方の動画を配信。全国で「捌ける塾」も開催。嶋田俊平事務局長は「魚を捌く楽しさや喜びを伝えたい」と語った。[....]