正社員募集中

「国際合意いいかげん許されぬ」、水産庁管理課長会見

2016年12月27日

クリックで画像を大きく表示します

「公的管理を急がなければ」と記者会見する藤田仁司水産庁管理課長   

 マグロの操業秩序の乱れについて、26日に水産庁記者クラブで会見した藤田仁司水産庁管理課長は「漁場形成が良好な時ほど我慢しなければいけないと、ずっと説明してきたが、末端まで届いていなかった」とした上で、「国際合意に基づく管理で、いいかげんは許されない。沿岸の管理の適正化に向け再度努力し、自主管理から公的管理への移行を急がなくてはいけない」と述べた。[....]