「丑の日」商戦たけなわ、高値もウナギ売れ行き好調

2016年8月2日

 「土用の丑の日」の7月30日、全国の量販店や専門店などでウナギ商戦がピークを迎えた。価格は、シラスウナギの不漁などで、イオンでは売れ筋サイズの国産蒲焼を昨年より300円強高い2138円で販売。したが、いずれも堅調な売れ行きをみせている。[....]