「アカイカ漁場予測システム」漁場探索に効果 

2017年3月6日

 青森県産業技術センター水産総合研究所は1日、今年三陸沖で3年ぶりに行われたアカイカ冬期操業で、同研究所などが共同開発した「アカイカ漁場予測システム」が中型イカ釣り漁船で活用され、一定の成果があったことを発表した。
 同研究所では効率的な漁場探索手法を開発し、漁家の燃油節減、経営改善に貢献しようと、平成21年度から北大や水産研究・教育機構、海洋研究開発機構とともに[....]