「さんま焼き師」初の認定試験、大船渡市が独自の資格

2016年7月29日

 岩手県大船渡市の観光物産協会が「さんま焼き師」なる独自の資格を創設し、盛町のシーパル大船渡で16、17日の両日、初めての認定試験を行った。サンマを炭火で香ばしく焼き上げる技術のほか、主要産地である大船渡の知識を問う資格で、県内外の市民ら81人が受験。2日間にわたる実技講習と筆記試験に挑んだ。結果は今月末に通知される予定。[....]