「お嬢サバ」、東京に初お目見え

2016年3月4日

プレミアムコースの一品「お嬢サバ」の姿造り

 関西を中心にサバの外食店「SABAR」を展開している鯖やは、新鮮なまま生で食べられるマサバ「お嬢サバ」を使ったプレミアムコースでの試験的な販売を、8日に新店オープンする「SABAR GEMS大門店」(東京都港区)など3店舗で行う。

 鳥取県栽培漁業センターが完全養殖の稚魚を地下海水を使って陸上養殖することで、寄生虫が付きにくく、新鮮なまま生で食べられるというマサバの養殖試験を平成24年から実施。

 地域共生企業を目指すJR西日本が加わり、事業化を図るための共同研究を進めているが、試験販売で扱うマサバについては、「お嬢サバ」というネーミングで高付加価値商品としてのネームバリューアップを図っている。

 昨夏には大阪のSABARで試食を兼ねたマーケティングを行い好評だったことから、今回は第2弾として「お嬢サバ」限定300尾をSABAR3店舗(GEMS大門店、大阪南森町店、京都烏丸店)のみで提供することになったもの[....]