「いか様丼」「剣先イカレモンオイル漬」にF-1栄冠

2017年11月21日

プライドフィッシュでグランプリを受賞した伊豆漁協仁科支所の鈴木運営委員長(右)ファストフィッシュでグランプリを受賞したJF佐賀げんかいの立野専務
クリックで画像を大きく表示します

プライドフィッシュでグランプリを受賞した伊豆漁協仁科支所の鈴木運営委員長(右)ファストフィッシュでグランプリを受賞したJF佐賀げんかいの立野専務

 日本の水産物に光を当てる魚の祭典「第5回Fish-1グランプリ」(国産水産物流通促進センター 構成員JF全漁連主催)が19日、東京の日比谷公園で開かれた。一般来場者と審査員の投票により、プライドフィッシュ料理コンテストではJF静岡漁連(JF伊豆漁協仁科支所)の「いか様丼」が、国産魚ファストフィッシュ商品コンテストではJF佐賀げんかいの「剣先イカレモンオイル漬」がそれぞれ、グランプリに輝いた。

 全漁連の岸宏会長は「魚を食べて、浜の漁業者の応援団になってほしい」と来場者に呼び掛けた。

 「漁師自慢の魚プライドフィッシュ料理コンテスト」でグランプリを受賞した伊豆漁協仁科支所の鈴木恵輝運営委員長は「『いか様丼』をいっぱい食べてもらえるように一生懸命がんばりたい」。「地域を元気にする国産魚ファストフィッシュ商品コンテスト」でグランプリを受賞したJF佐賀げんかいの立野弘幸専務は「今年は数量が獲れず、希少なケンサキイカを喜んでいただいた」と笑顔で語った。 [....]