正社員募集中

TPPレポート②/山本公一・自民党水産基本小委委員長に聞く

2016年1月25日

 TPP対策で、最初に考えたのが、燃油高騰対策セーフティーネットの充実だった。燃油高騰対策は、価格が上がるその都度騒ぐのではなく、平時においても安心して漁業が存続できるようにする。大事なことは、漁業が続く限り漁業経営安定対策もセーフティーネット事業も続く、ということを示すことだった。
 漁船漁業のコストの4割ほどが燃油代だ。その燃油代に対して、どういう状況になろうと安心して操業できる、国がバックアップする、というようにしなければいけない[....]