水経セミナー・集いのご案内

[1047]◆日本とミクロネシア漁業協議および日本とパラオ漁業協議について◆

2018年1月29日

 (1)日本・ミクロネシア漁業協議
 昨年6月25日から27日まで、ミクロネシア連邦のヤップにおいて、「日ミクロネシア漁業協議」が開催されました。「日ミクロネシア漁業協議」は、「日ミクロネシア漁業協定」(民間協定)に基づき、ミクロネシア水域内で操業する我が国カツオ・マグロ漁船の操業条件などについて協議するため、毎年開催するものです。
 今回の協議では、
 1.ミクロネシア水域におけるカツオ・マグロ漁船の操業状況の報告が行われミクロネシア水域内で操業する我が国漁船の活動について情報交換を行いました。
 2.ミクロネシア水域内で操業する我が国カツオ・マグロ漁船の2018年の入漁条件について議論され、我が国まき網漁船およびカツオ一本釣り漁船の操業条件について、合意しました。
 また、我が国マグロはえ縄漁船の操業条件について生鮮マグロはえ縄漁船については合意しましたが凍結マグロはえ縄漁船については引き続き協議を行うことになりました。
 (2)日パラオ漁業協議
 同じく昨年7月25日から27日まで、パラオ共和国のコロールにおいて、「日パラオ漁業協議」が開催されました。「日パラオ漁業協議」は、「日パラオ漁業協定」(民間協定)に基づき、パラオ水域内で操業する我が国カツオ・マグロ漁船の操業条件などについて協議するため、毎年開催するものです。
 本協議では、
 1.パラオ水域におけるカツオ・マグロ漁船の操業状況の報告が行われ、パラオ水域内で操業する我が国漁船の活動について情報交換を行いました。
 2.パラオ水域内で操業する我が国カツオ・マグロ漁船の2018年の入漁条件について議論され、我が国まき網漁船、マグロはえ縄漁船、カツオ一本釣り漁船の操業条件について、合意しました。
(水産庁国際課)